一応蹴球的独り言がメイン…だったのですが。  籠球、日常、動物…何でもアリの今日この頃。  絶賛不定期更新中。  そして時々行方不明。  *まちゅ*の備忘録。


by dekodekon6_ma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

サンガと戦ってみたわけですが。

負けてしまいました。
0-1で交代で途中から入ったアレモンにやられた。
今日は大剛がいなかったのでスッカリ100%コンサモードで応援(笑)

試合は、後半エネルギー切れ…ってところでしょうか。

首位独走中のサンガですが、ここ2戦、勝ち星がなかったんですよ。
負けと引き分け。
んだもんで、これはコンサがサンガをたたく絶好のチャンス…!
と、思っていたんですけどね。

やはり現実はそんなに甘くはなく。

前半はコンサの支配率のが高かったと思うし、得点のニオイもした。
あいかーさんのバーを叩いた惜しいシュートとか
曽田さんの若干あわて気味なボレーとか。

選手自身が自分の頭をフル稼働させてちゃんと試合の流れを読めるようになってきたな、
今ここで、自分が何をすべきか、バランスを見れるようになってきたな、
といった選手自身の成長が見られて、ほんとに嬉しかったんですよ、ハイ。

2戦連続先発起用された金子はやっぱり視野が広くて声も出してて、チームにフィットしてきたと思えたし、
カガケンの涼しい顔して確実に刺す暴力系DFもよかったし、
ゆっきぃの両サイドのバランスを見ての動きなんかも随所に見られたし。

ただ、前半の押してる時間帯でもちっちゃなパスミスとかまさかのプレゼントパスとかあって
結構ビクっとすることがあったのも事実ですねー。
とはいっても、サンガの攻撃も結構単調だったので
このままいけば点は取れるんじゃないかと本気で思っていたんですよ。

が、後半明らかに集中力とエネルギー切れ。

そして後半始まりから入った三原さんが下がり気味のポジションにいたためか
FWとの距離が開いてしまい、孤立する時間が長くなり…徐々に消え行く得点のにほひ。
もうちょっと前目でプレーしてほしかったです。

と、そこに、「控えにしちゃー豪華すぎるだろッ!!」なメンバーを擁する
首位サンガによる嫌がらせともとれるようなドンピシャの選手交代。
アレモンのアホーーーーーーッ
ついでにクロスあげた大志もアホーーーーーッ

大志なんか前半消えてたくせに…カッペ和波氏に封じ込められてたくせに…。
なんで後半になって元気になってるんだよ!?
くそう…星くんには負けたくないってか?

ぬおう。
あのゴールシーンは相手をほめるしかないくらい見事でしたわ。
さすが紫芋軍団…。

で、今日は失点シーン以外はカガケンがほんとによくがんばってたと思うのですが。
や、これまではあぶねーなぁ!気をつけろよッ率50%(意味不明)の中での
「よくやった」だったんですが、今回はほんとよくやったと思います。

今日は攻めあがった後に戻ってこないとかいう某カクダマコトのようなこともなく、
加地くんから優しさを引いて2で割って最後に暴力風味を足したような出来だったかと。
ハイ、意味不明ですね、すいません。

要するに、よく走り、よく止め、未然にピンチを防ぐことも出来るようになってきたっちゅーこと。
攻撃にも絡めたしね。

あと、最後曽田さんを前のポジションにあげてのパワープレー。
巷ではソダン大作戦と呼ばれているようで。
某巨大掲示板では大盛り上がりだったようですが…。

東京における、苦し紛れのジャーン1トップ大作戦よりは
現実的な作戦かと思ってしまったのは私だけだろうか…。

ん~あとはせーのかな。
あの状況でシュートしないのはどうなんでしょう?
本気で心配になってきました。。
誰か(つーかNムー…)助けてやってくれ(切実)

これがもし、去年ならば、首位相手によくやった!となるのかもしれませんね。

でも、今のコンサは違うんですよ。
もっともっと上を目指さなきゃいけないんです。

それはきっと、選手が一番わかってる。
じゃなきゃ試合後あんなに悔しそうな表情は見せない。
去年までとは確実に違う彼らの表情。

上に行きたい、行くんだという強い気持ち。
こんなもんじゃない、まだまだやれるという自信があると思っていいんだよね?

さぁ!折り返しまできました。
これからが本当の勝負だよ。
一試合、一点を争うサバイバルレース。
常に死活問題だと思って試合に臨んでほしいです。
[PR]
by dekodekon6_ma | 2005-07-16 21:44 | 北の赤黒