一応蹴球的独り言がメイン…だったのですが。  籠球、日常、動物…何でもアリの今日この頃。  絶賛不定期更新中。  そして時々行方不明。  *まちゅ*の備忘録。


by dekodekon6_ma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヤングな水色大奮闘で勝利!


ヤングパワー炸裂!!

スカパーで久しぶりにジュビ戦をライブで見られるってことで気合はいりまくり☆
さぁさぁさぁ!中断前にいっちょ大分を叩き潰して気分よく休もうぜぃ!!
ってなわけで前半から飛ばしてほしいと思いつつテレビの前に座る。

キックオフ直後いきなりカウンターで狙われ焦るが、ここはヨシカツのファインセーブ!!
なんか雲行き怪しいんじゃないの…?
せっかくいい感じできてるんだからしっかりお願いよ~!

とかなんとか言ってたら
ほんとに大雨…!!
あまりの強雨に画像が乱れ、無人のヤマスタ映像と音声のみになってしまう。

オイオイオイオイ…
はやく見せてくれ~!!

と、ここで映像が戻る。
もう、しっかしりてよね、TBSチャンネルさんっ
な~んてのんきに文句たれてたら、

可憐ゴーーーール!

リーグ戦4点目!!
WYを目前にここでいっちょアピールよ!

カレン・ロバート可憐華麗に開花!!

正直市船にいたときは可憐のこと好きじゃなかったです。
むしろ嫌いでした(え)
だって調子乗ってそうだったんだもん。
今みたいに必死さが伝わってこなかったといいますか…。

でもね~、奴はジュビに来て変わったね!
と、思うのですがいかがでしょう、みなさん…(弱気)

スピードだけでなく運動量も武器といえるようになってきたことはよいことですね。
きっと隊長を初めとするベテラン勢をいつも見たるから、頑張れるんじゃないかと。

あ、ちなみにこれ、アシストはマエリョなんだって~v
なんかDFに当たって方向が少し変わってた気もするがまぁヨシ!
結果が全ての世界でしょう!!

立ち上がりに先制したことは相手にも心理的負荷がかかるから大きい♪
さてさてこのまま勢いにのっていきましょう!

激しく降りかかる雨にぬれながらも今日はいいプレーを沢山見せてくれてる選手たち。
パス交換もスムーズに、細かくきれいなパスがつながるつながる。

一部生え際危ない人がいたことは内緒です。

「ジュビロらしい」という言葉に相応しいプレーが続く。
逆に大分のプレーはなんだかチグハグ。
引いて守ってカウンターってのを徹底してるチームだから、
パスカットができなきゃお話にならないという…。
可憐の走りにズルズルと引っ張られてる吉田孝行はとても不満そう。
こっちとしては満足だぁよ。
スマンね、吉田!(笑)

勝った今だから何とでもいえるぜぇ~ワハハハハッ

気づけば雨も上がり、日が出始めていた。
と、ここであることに気づく(遅)

そういやー今日は平均年齢がわりと低いわね。
ベンチにも若くてイキのいいのがいっぱいいるわよ~!
キクとか船谷とか。
…って船谷!?ACLで結果出したから!?
すごいじゃん!大出世(笑)

点にはつながらないものの、マエリョの宇宙開発シュートも含め(酷)
数多くのチャンスを見せてくれる。
可憐の前を向こうとする姿勢やヨシアキのバタバタ走りなんかも堪能。

得点のニオイがプンプンするぜッ

俊哉さん狙ってるんじゃないの~?(笑)
飛び出しがいつも以上に積極的で、体もよく動いてるみたいだし。

あれれ?西君接触?
なんか痛そうにしてるけど、大丈夫?
あ、やっぱりダメ?
交代か…ここは無難にキクでも入れとく?

解説でもその線がつよいだろうと予想してたけど、実際ユニに姿になったのは

ナウでヤングな2年目・船谷圭佑(19)!

や、キクも若いよ、でも船谷のが若いじゃん?(言い訳)

と、いうことでユース生え抜きレフティーついでにU-20代表だったりもする
船谷圭佑満を持してのJリーグデビューですよ!!!

緊張して動けなくても今日は許してやらぁって感じで寛大な気持ちで見守るが…
そんな心配はまったく必要なかったらしく、堂々のプレー。
シュートとかも打っちゃうし、すごい度胸。

そうよね、君、そういえばとてもメンタル強くて有名だったわよね。
某青赤チームのWYキャプテンのはずのM嶋くんと比べてみよう。
…うん。相当強いな(笑)

結局押せ押せなムードは変わることなく試合は進む。

そんなわけで前半はヨシカツの姿を拝んだ記憶がないのです。
それはつまり、ジュビロが攻め込んでるってことよぉ~!!

このまま見てて楽しいサッカーを続けてほしいと思いつつ、前半終了。



なんか今日は負ける気がしないぜ!
ウハハハ~このまま上位追撃体勢へ突入しちゃいましょうか!

メンバーチェンジなし。

今日はほんとにみんな良く動くね~。
でも油断は禁物。
どれだけ攻め込んでいても、実際はまだ1点しか取れてないからね。

追加点を奪えるだけ奪っておきましょう!
それが勝利への近道ですよね!!

そんなこんなで2トップは相変わらずのラブラブ好相性ぶりv
可憐、君はマエリョのこと、好きだろ?
隠さなくたってわかっちゃうわよ~vv
西野がいなくなった今、傷心のマエリョを救えるのは君だけだ!
期待してるぜぇ~

なんだかおかしい方向に話が向かい始めてるので戻しましょう。
ご存知の方も多いとは思いますが、ワタクシ少々暴走癖がございます。
ご了承くださいませ。

大分は前半のうちにに可憐にコテンパンにされてた吉田を下げ松橋を投入してました。
松橋…かつておじいヨシトとの2トップで世間を沸かせた凄いヤツ。
軽く「あの人は今」状態になってますが、ちゃんと大分にいますよ。

で、この松橋を入れて得点を狙いに行くことが目的だったんだろうけど、
…すいません、いたっけ?
消えてた…よねぇ?

で、芋づる式に思い出したんだが高松は?
今ちゃんがアテネでお友達になったと嬉しそうに話してたダイキ・タカマツは!?
今日は来てないんだふーん。

そんなわけで大分、カウンターを狙うがどうもうまくいかず、パスが繋がらない。

そこに突如としてパスカットに飛び出したフクちゃん!
今日はどんなえげつないことやってくれるのかな~?(オイ)
と、ふざけてないでまじめに話そう。
今日はいいパスやセットプレーでのいいヘディングを見せてくれてますね。うん。
黄紙ももらってないし、ヨシヨシ。

ってアレ!
なんか可憐がゴール前でボールキープしてるんですけど!
と、そこにバタバタと走りこんできたヨシアキ!
思い切ってシュートを放つ!!!!

ゴーーーーーーール!!!!

2-0ですよ!
ヤングな選手頑張ってるよ!
なんか嬉しいよ!!

ヨシアキ今季3点目!!
これでマサクニのハートもがっちりキャッチよ~v

誰よりも先にヨシアキのところにいって喜ぶ俊哉さん。
頭をなでて、ロイヤルスマイル炸裂!ほんとにすっごい嬉しそう。
いつも以上に笑顔がステキ。
この笑顔が、これからもずっと見られますように…。

このままの勢いでいくか?
いくでしょー!!と即答できていたのですが…
なんだか心配になってきた…
シュートこそ打たれていないんだけど、拾われて前に送られることが増えてきた…
なんか心配かも…

でも!大丈夫!今日は勝てる!!
そんな気がする!!

だったのですが…
あれよあれよとなんだかよくわからないうちにゴル前まで運ばれて、
そのままシュートされてしまいましたよ。
ということで2-1。

俄然元気になる大分サポ。
あくまでもサポ(笑)

選手自体は、そんなに元気になった気はしないんだよねぇ…。

というわけでさすがに危機感を察知した水色戦士たち。
何度かピンチを招くもそこは気迫でカバー。

ヨシアキが右サイドから左サイドまで走ってきてボールにくらいつく。
キープをしようとライン際で粘る粘る。
そしたら変な倒れ方をして、テレビ的にOKなのかきわどい姿勢に(笑)
ヨシアキと競ってた大分の吉村までも苦笑する始末。
もちろん私は大爆笑(酷)

このあたりで俊哉さんがキクと交代。
丁寧に挨拶しつつ、ベンチに戻る。
なんだかこれで終わりのような気がしてしまって、複雑な気持ちになった。

もしかしたら今日で見納めになるかもしれない俊哉さんの水色姿。
もし、これが最後の試合だとしても、勝利で送り出してあげたい。
頑張れ、最後まで気を抜くな!絶対勝とう!

ロスタイムは3分。
長いのか短いのか分からない時間が流れる。
早く終わってほしいけれど、この試合が終わってしまったら
俊哉さんが見られなくなってしまうかもしれない…。

複雑な気持ちのまま、時間は過ぎて…とうとう終了。
2-1でジュビロの勝利。
よかった。ほっとした。

ヒーローインタビューを受けるヨシアキの背後から鳴り響く「トシヤ」コール。

たとえこれが俊哉さんにとって最後のジュビロでの試合であったとしても
全力でチームのために戦ってくれた。
それが嬉しくて、でも、これで終わりのような気がして寂しくて。

丁寧に、何度も挨拶する俊哉さん。
「トシヤ」コールをしながら泣き出すサポたちが画面に映る。

本当に複雑だよ。
このコールが、俊哉さんにはどう伝わっただろう。
いかないでほしい…これが本音だけれど、ありがとうの気持ちもこもってるはずだよ。

これからの中断期間で、俊哉さんの移籍問題に決着がつく。
不安だけれど、仕方ない。
もう、覚悟しよう。

たとえ他のチームに行っても輝ける選手だから。

ジュビロは上昇気流に乗り出して、5位に浮上した。
これからもっともっと上に行くだろう。
もし、他のチームに俊哉さんが行ってしまっても、ジュビロは勝ち続ける。

そうしなければいけない。
それが今、このチームのできること、やるべきことだろうから。
[PR]
by dekodekon6_ma | 2005-05-15 17:23 | 最強水色