一応蹴球的独り言がメイン…だったのですが。  籠球、日常、動物…何でもアリの今日この頃。  絶賛不定期更新中。  そして時々行方不明。  *まちゅ*の備忘録。


by dekodekon6_ma
カレンダー

2005年 08月 21日 ( 2 )

浦和で試合を見てるとき、コンサの試合が雷雨で延期になったという連絡をもらいました。
そのときはビックリしたんですけど、サポの方たちはみんな安全に帰れたんだと思っていました。

でも、そうではなかったようで…
どうやら山形側の対応がひどかったらしいですね。

私は8月頭からついこの間まで新潟にいたんですけど新潟県内や、
山形県に雷警報や大雨洪水警報のテロップがテレビに流れるのを
2週間のうちに何度も見ました。

幸い私のいた地域は洪水などにはまったくならなかったのですが、
新潟・山形の日本海側の天気が非常に不安定だったのは確かです。
空の色が気持ち悪かったり、4日ほど連続で大雨が降ったりしてました。
県内では洪水や浸水した地域も多かったといいます。

教習所の先生も、この時期にこんなに雨が降るのはおかしいと言ってました。
私が東京に戻ってきてからも山形や新潟の天気は雨が多く、少し気になっていました。

そこに、この試合順延のニュース。

なんだかなぁ~…と思ってしまいました。
山形側のスタッフも想定の範囲外のことが起こってしまって慌てていたのでしょうが、
自然現象の恐ろしさをなめずぎなんじゃないでしょうかね?

実は私、高速教習のとき大雨で前が見えない状態で走ったんですよ。
速度規制が発令されていて80キロで走ったんですけどね、
車の中にいるのにあまりの雨に流されるんじゃないかと恐怖でした。
そのとき、あー自然って怖い…って初めて本気で思ったんです。

あー何が言いたいのかまとまらないんだけど、とにかくですね、
危険だと判断するのが遅すぎたのではないか、と。

もしスタジアム周辺に大水が押し寄せてきてそこにいた人たちが立ち往生したら?
それが原因で怪我人や死者が出ていたら?
取り返しのつかないことにならなかったからよかったものの、大勢の人間が集まる場所だからこそ
常に最悪の事態を想定したうえで早めに行動しなければならないのではないでしょうか。

サッカー観戦は安全だからこそ楽しめるのでしょう?
いや、サッカーだけではなく、これは全てのことに共通していると思います。
安全を求めて指示に従ったのに、いざ本当に危険にさらされてみると
対応が杜撰なものであった…それじゃ信用なくしますって。

そこらへん、もうちょっとしっかりと考えていく必要があるのではないでしょうかね。
山形だけでなく、Jリーグ全体で。
選手・スタッフはもちろん、サポを危険にさらすような事態は絶対にあってはならないと思います。

最後になりましたが、アウェー山形まで出向いたサポの方々、
大雨の中、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by dekodekon6_ma | 2005-08-21 22:19 | 北の赤黒
昨日アウェー浦和戦行ってきました。

今回は初めてサッカーを見る子と一緒に参戦。
実はこの子、私の後輩なんですよ。
バスケ部の後輩で4つ下(…!!)の高校3年生。
私が現役最後の学年(高2)のとき、中1だった子。
なんでだかよくわかんないんだけど、すごいなつかれててしょっちゅうメールとかしてたんですよ。

年下の女の子にはもてるらしいっす(笑)

去年1年間カナダに留学してて、こないだ帰ってきたんで
久しぶりに会おうということになったのでした、ハイ。
よく考えたら、この子と会うのは2年ぶりでした。
久しぶりすぎ(笑)

そんなわけでほんとは浦和戦には行かない予定だったんですけど、
チケットを2枚譲ってもらえるというお話をいただいたので、
後輩が興味あれば行きたいな~って思って誘ってみました。
そしたら、「行きたいッ」って乗り気になってくれたんで、参戦決定。

と、いうわけで新宿でランチしてから敵地さいたまスタジアムに向けて出発。

浦和戦雑感。
[PR]
by dekodekon6_ma | 2005-08-21 19:51 | 青赤の都